【インビザラインドクターコラム】見えづらいマウスピース矯正|大阪でインビザラインなら心斎橋デンタルクリニックまで

大阪・地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1
お問い合わせ電話番号

ドクターコラム

ドクターコラムDOCTOR’S COLUMN

インビザラインの治療は痛いのか

2018年05月01日

インビザラインの治療は痛いのか、痛みの出るケースとは

歯列矯正にはある程度の痛みを伴いますが、なぜ矯正治療を行うと歯が痛くなるのでしょうか。またインビザラインによる歯列矯正も痛みを感じるのでしょうか。インビザラインによる痛みの特徴なども併せてご紹介します。

 

インビザラインがワイヤー矯正に比べて痛みが少ない理由

歯列矯正の治療中に痛みを感じることはよくあり、中には痛み止めを服用するほど強い痛みを感じる患者さんもいらっしゃいますが、ワイヤー矯正に比べるとインビザラインによる矯正治療のほうが、痛みを感じることが少ないと言われています。

インビザラインの治療の流れとともに、痛みが少ない理由を説明いたします。

 

  • 無料相談・・・まずは歯並びの悩みに関するお話をお聞きします。その後各種検査や精密検査のご案内および説明をいたします。
  • 精密検査・・・レントゲン撮影や顎の状態、虫歯や歯周病の有無など口腔内の状態を確認するための詳しい検査を行います。特に歯並びの乱れと顎の大きさは大きく関係するため、顎の状態も詳しく検査いたします。
  • 精密検査の結果の説明・・・患者様に検査結果をご説明し、患者様に適した矯正治療方法をご案内いたします。

 

 

・歯が動く痛みがワイヤー矯正よりも少ない

矯正装置を装着して矯正治療を始めると、歯がゆっくりと動き、歯の根あたりに鈍い痛みや歯が浮いたような違和感を覚えることがあります。これは歯根周囲の組織が圧迫され、歯がゆっくりと移動していることを意味します、この歯が動く痛みはワイヤー矯正もインビザラインなどのマウスピース矯正でも起こることです。

しかしインビザラインがワイヤー矯正よりも痛みが少ない理由は、物理的な要因が大きいと考えられます。特にワイヤーの調整を行い、強めの力をかけた場合は痛みが増すと言われています。インビザラインの場合、1つのアライナー(インビザラインで使用するマウスピースの名称)で動かすのは0.5~1.0mmと決まっています。多少の痛みや違和感があるかもしれませんが、ワイヤー調整で強い力をかけた場合と比べると歯が動く痛みは少なくて済みます。

 

  • 矯正装置による痛みがあまりない

歯の表側に矯正装置を装着した一般的なワイヤー矯正の場合、ワイヤーやブラケットが当たることで唇や内頬に痛みを感じることがあります。また歯の裏側に矯正装置を装着して歯並びを整える裏側矯正では舌に装置が当たることで痛むことがあります。

インビザラインは取り外し式のウレタン製のマウスピースのため、物理的なことによる痛みはワイヤー矯正よりも少ないと言えます。

 

  • 口内炎などになりにくい

ワイヤー矯正は装置が口腔内に当たることで口内炎を引き起こしてしまうことがあります。

インビザラインは口腔内に傷がつきにくい素材のため、矯正装置によってできる口内炎になることは少ないでしょう。

 

 

痛みが出るケース

ワイヤー矯正に比べて痛みが出るケースは少ないものの、インビザラインによる矯正治療でも痛みが出ることはあります。ではインビザラインで痛みが発生するケースとはどのような場合なのでしょうか。

 

  • はじめてアライナーを装着したとき

インビザライン治療を開始してはじめてのアライナーを装着したときに痛みを感じるという声が聞かれます。また痛みというよりもきつさや違和感を覚えるという声もあります。

歯が動く痛みと歯ぐきまですっぽりと覆うことによる違和感などではないかと思われます。

それでもワイヤー矯正に比べると痛みは少ないことが特徴です。

 

  • 食事をしたとき

意外に多い声が、アライナーを取り外して「食事をしたとき」です。インビザラインの特徴の一つである、取り外し式のアライナーは食事のときは外すことができるため矯正装置を気にすることなく食事を楽しむことができます。それにもかかわらず、アライナーを外して食事をした際に痛みを感じるということは、歯が動くための働きを行っているためではないかと考えられます。

 

  • アライナーを交換したとき

インビザラインは歯科医師の指示に従い、2週間ごとに新しいアライナーに交換して少しずつ歯並びを整えていきます。このアライナーを交換したときに痛くなることはよくあります。アライナーを装着することで歯が少しずつ動くため、痛みを感じることはむしろ歯がきちんと移動しているということになります。

 

  • アライナーによる傷

アライナーは患者さん1人1人に合わせて製作される完全オーダーメードのため、患者さんの口腔内にぴったりと合うように作られます。しかしほんの少しの出っ張りなどが歯ぐきを傷つけてしまうことがあります。この傷が口内炎につながることがあり、痛みとして感じてしまうことがあります。

 

このように、インビザラインによる歯列矯正も痛みを伴うことがあります。

特にアライナー装着後数時間~3日後あたりに痛みが出ることが多いようです。

しかしこの痛みは順調に歯が動いている証です。またワイヤー矯正と比べると痛みの度合いは低く、装置が当たって傷になり、口内炎ができるなどの可能性もそれほど高くありません。しかしインビザラインによる矯正治療でも痛みが出ることを知っておくとよいでしょう。

 

インビザラインで痛みが出た時の対処法

ではインビザラインによる痛みが発生した場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

  • 痛み止めを飲む

最もオーソドックスな方法ですが、歯列矯正の痛みは虫歯などの痛みとは異なる種類の痛みです。とは言え、歯が動く痛みが辛い方や痛みに敏感な方は、矯正治療中ずっと痛みに悩まされるのも辛いでしょう。このような場合は、痛み止めを服用することで痛みを緩和することがよいでしょう。

 

  • 口内炎による痛みは軟膏を塗布する

アライナー装着によって傷ができてしまい、口内炎になると食事にも影響が出てしまいます。ワイヤー矯正もそうですが、矯正装置によってできる口内炎は「カタル性口内炎」と呼ばれる種類のもので、自分で噛んでしまったときや矯正装置によってできた傷、そして食事中のやけどが原因で発生する口内炎です。

疲れたときにできるアフタ性口内炎などと比べると、カタル性口内炎は比較的症状が軽く、口腔内を清潔にすることと幹部へ軟膏を塗布することで症状が緩和されます。

 

またアライナーの出っ張りなど、物理的な要素が原因の場合、アライナーの出っ張りをなくすなどの処置を行うことがあります。アライナーが歯ぐきに当たり、傷になってしまうようであれば歯科医師に相談するようにしてください。

 

インビザラインをする時の注意点

ワイヤー矯正に比べて痛みも少なく、色々な症例にも対応できるインビザラインですが、いくつか注意すべき事柄があります。一般的な注意事項を中心にご紹介します。

 

  • 一日20時間以上の装着時間を守る

インビザラインは、一日20時間以上装着する必要があります。しかし中には「痛い」とか「違和感があっていや」と思う患者さんもいるかもしれません。1日くらいなら外しても大丈夫、という気持ちが結果的に治療を遅らせ、せっかく歯並びを治そうとしたのに失敗に終わってしまう可能性があります。アライナーの装着時間を守るようにしましょう。

 

  • 虫歯リスクが高くなることがある

ワイヤー矯正に比べると、口腔内の清掃がとても行いやすいインビザラインですが、アライナーをずっと装着していることにより、口腔内における唾液の流れが悪くなってしまいます。口腔内の細菌は唾液により流されるため、長時間マウスピースを装着することにより虫歯菌の活動が活発化することがあります。虫歯にならないために、口腔内の状態を清潔に保っておくことが大切です。

 

  • 傷や口内炎ができてしまったら、クリニックに相談を

アライナーにより口腔内に傷や口内炎ができて痛みを感じる場合、できるだけ早くクリニックを受診するようにして下さい。痛いからといって何日もアライナーを装着せずにいると、せっかく動きはじめた歯が元の位置に戻ってしまったり、アライナーがはまらなくなってしまうことがあります。まずはクリニックを受診し、傷や口内炎の処置、そしてアライナーに不具合がないかなどを確認してもらうようにして下さい。

 

 

インビザラインに伴う痛みについてご説明しました。ワイヤー矯正より痛みの度合いは低いとはいえ、矯正治療には痛みを伴います。痛みが生じた場合は、状態に応じて痛みを緩和させるようにして下さい。

インビザライン治療に関して痛みや不安点などをお持ちの方は、実績があり信頼ができる歯科クリニックを受診するようにして下さい。

大阪「心斎橋駅」より徒歩1分
大阪「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

大阪 心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
大阪 四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop