【インビザラインドクターコラム】見えづらいマウスピース矯正|大阪でインビザラインなら心斎橋デンタルクリニックまで

大阪・地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1
お問い合わせ電話番号

ドクターコラム

ドクターコラムDOCTOR’S COLUMN

矯正によって、何か食事制限などはあるのでしょうか??

2017年07月12日

矯正治療を進めていると食事が取りにくくなってくる事があります。大阪で矯正治療をされている方の中でも数多くの方が食事の取りづらさを経験されていると思うので、矯正治療と食事の関係は切っても切れ無い関係があるのです。

 

矯正治療で起こる食事の取りにくさはまずワイヤーを変えた直後やインビザラインのマウスピースを新しくした直後に起こります。歯に力が加わり痛みが出てくるので人によっては柔らかいものを食べる事しかでき無い人もいるので、この時は食事に注意が必要です。大阪でも数多くの方が矯正治療を経験されていると思うので、「ワイヤーを変えたら痛い」という話は耳にした事があるのでは無いでしょうか。

 

一度マウスピースやワイヤーを交換した後にはあまり大きな痛みは起こりません。もちろん口内炎や歯肉炎などのトラブルがあるので、その場合には適切な治療が必要ですが一度痛みが治まってしまった後には基本的に何をたべてもらっても構いません。ワイヤーを使った矯正治療の場合には食べ物が絡まったり隙間に挟まったりと、食べにくいものがあるかもしれ無いので、その点だけ気をつけて貰えば問題ありません。

 

インビザラインを使った矯正中の方はワイヤーの治療のように食べにくい食材はあまり無いかもしれ無いのですが、食事の後にしっかりと歯磨きをしてもらう必要があるのでこの点だけは注意してください。困った事や不安な事がある場合にはすぐに歯科医師に相談し、適切な治療を進めていきましょう。

大阪「心斎橋駅」より徒歩1分
大阪「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

大阪 心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
大阪 四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop