【インビザラインドクターコラム】見えないマウスピース矯正|大阪でインビザラインなら心斎橋デンタルクリニックまで

大阪・地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1
お問い合わせ電話番号

ドクターコラム

ドクターコラムDOCTOR’S COLUMN

妊娠する可能性がある場合は、矯正治療を避けた方がいいのでしょうか??

2017年06月08日

妊娠されている方にとってインビザラインを含む様々な矯正治療を受けるのは不安材料の一つではないでしょうか。大阪にお住いの患者さんの中にも矯正治療中に妊娠が発覚された方は数多くいらっしゃいますので、矯正治療を行う上で気をつけなければならない問題です。

 

実は矯正治療中に妊娠をされてもあまり大きな問題になることはありません。つわりが酷い時期や動くのが大変になる時期の間だけ矯正治療をストップし、出産後に再度矯正治療を進めることもできるので、実は思っていたよりも妊婦さんに負担がかかることはありません。大阪近郊の方の中には妊娠中にインビザラインの治療を行った方もいらっしゃるので、不安をお持ちの方やこれから妊娠を予定されている方は是非ご相談ください。

 

妊娠が後期になり、お腹が大きくなってきた方は仰向けになるのが辛い時があります。お腹の中の赤ちゃんがお母さんの太い血管を圧迫してしまうので人によっては立ちくらみのような脳貧血を経験されてしまうこともあり、治療に際して注意しながら治療を進める必要があります。決して無理な治療を進める必要は無いので、矯正治療中に歯が動かないように固定したり、矯正器具を外して一旦お休みすることもでき、妊娠された方でも安心して治療を受けていただけます。もちろん見えない矯正治療のひとつであるインビザラインも妊婦さんに使っていただける治療法です。大阪の心斎橋近辺だけでもかなり多くの方が利用しているので、興味がある方や不安をお持ちの方は是非一度歯科医師にご相談ください。

大阪「心斎橋駅」より徒歩1分
大阪「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

大阪 心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
大阪 四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop