【インビザラインドクターコラム】見えづらいマウスピース矯正|大阪でインビザラインなら心斎橋デンタルクリニックまで

大阪・地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1
お問い合わせ電話番号

ドクターコラム

ドクターコラムDOCTOR’S COLUMN

インビザラインのデメリット

2016年09月14日

大阪に住んでいる歯並びに悩む人は、インビザラインを頼るようになりました。

 

透明色のマウスピースであるインビザラインは、

通常の金具を使った歯列矯正サービスよりも目立たないからです。

コンプレックスを抱いている事が周囲にバレないので、安心して歯列矯正に取り組めます。

 

しかし万能に見えるインビザラインにも、欠点は存在しているのです。

 

第一に食事の度に取り外しが必要な事です。

インビザラインが透明なマウスピースなのは前述した通りですが、

食べ物や飲み物が付着する事によって目立つ事があります。

 

それに加えてインビザラインは熱に弱いので、出来立ての料理が仇になってしまう事があるのです。

 

だからインビザラインのユーザーは、食事の度に取り外す事が推奨されています。

時間に対して厳しい気質を持つ大阪では、前述したインビザラインの欠点が指摘されているのです。

 

それに加えてインビザラインは、使用時間が長いのも問題視されています。

 

通常のマウスピースによる歯列矯正にも同様の問題がありますが、

基本的に20時間以上の利用が必要です。

 

大阪における歯並びのコンプレックスを解決しているインビザラインですが、

利用前にデメリットを認識しておくのは大切です。

大阪「心斎橋駅」より徒歩1分
大阪「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

大阪 心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
大阪 四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop