【インビザラインドクターコラム】見えづらいマウスピース矯正|大阪でインビザラインなら心斎橋デンタルクリニックまで

大阪・地下鉄「心斎橋駅」より徒歩1
お問い合わせ電話番号

ドクターコラム

ドクターコラムDOCTOR’S COLUMN

インビザラインってどの位で治療が終わるの!?

2018年06月30日

透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整えるインビザラインでは治療期間はどれくらい必要なのでしょうか。またインビザラインの治療法による治療計画や治療終了後についてもご紹介いたします。

 

■まずは、カウンセリングで適した治療方法を決定

皆様は歯並びにどんなお悩みをお持ちでしょうか。ガタガタした歯並び、出っ歯、奥歯で噛んだ時に前歯の間に隙間ができるオープンバイトなど、歯並びや噛み合わせの悪さの種類は様々です。見た目が気になったり、食べ物が噛みにくい、発音が不明瞭など日常生活に少なからず影響を受けてしまう歯並びや噛み合わせの悪さは、歯列矯正によって改善が可能です。

 

ところで歯列矯正と聞くと、まず思い浮かぶのは矯正装置がたくさんついた歯ではないでしょうか。一般的なワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットという小さなボタンを装着し、そこへワイヤーを通して歯を動かしながら歯並びを整えていきます。最もオーソドックスな矯正装置を用いたワイヤー矯正は、歯並びの乱れや出っ歯、オープンバイトなど、ほぼどんな症例にも対応できるのが強みです。

 

しかしお口を開けたときにギラギラと光ったブラケットやワイヤーなどの矯正装置がとても目立つため、矯正治療をためらう方もいらっしゃるでしょう。特に接客業などは大変気になることと思います。

インビザラインは、透明なマウスピースを装着して歯並びを整えることができる矯正治療です。取り外し式で目立たないため、お口を開けてもブラケットなどが目立つことがなく、周りに矯正治療中であることがまずわかりません。

 

しかし患者様の中には本当にマウスピース矯正で歯並びが治るかどうか、疑問や不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。ワイヤー矯正は昔から行われている治療法で実績もありますが、インビザラインなどのマウスピース矯正で本当に歯並びが改善されるかどうか疑問に思われるのも無理はありません。

 

そこでカギとなるのが、治療前に行われるカウンセリングです。

まず無料相談のお約束を取っていただき、患者様のお話をじっくりとお聞きするためのカウンセリングを行います。歯並びや不正咬合の状態は患者様により異なります。インビザラインでの治療をご希望であっても、症例によりワイヤー矯正の方が適している場合もあります。患者様に最も適した治療方法を決めるためには、まず丁寧なカウンセリングが大切です。

 

その後レントゲン写真やCT撮影、お口の中の視診など各種検査を行い、お口の中の状態を詳しく調べます。行った検査結果もとに、患者様に最も適した治療方法を決定します。患者様の状態によってはワイヤー矯正のほうが適している場合もあるため慎重に判断し、治療方法を決めて次のステップへと進みます。

 

■検査結果を踏まえ、患者様ごとに治療計画を設計

インビザライン治療に決まった場合、検査結果を詳しくご説明し、インビザラインで必要な型取りを行います。インビザラインに必要なマウスピース作製の型取りは、一度のみです。また当クリニックでは歯型採取に従来のシリコン印象材ではなく、光学スキャナを使用するため患者様に負担をかけずに歯型を採ることができます。

 

次に検査結果を基にして「クリンチェック」と呼ばれる3Dシュミレーションをご覧いただきながら、先生が患者様に歯が動いていく様子や最終的な歯並びを説明し、治療計画を設計します。

歯の動きや最終的な歯並びを目で確認することができることは、ワイヤー矯正では不可能で、インビザラインのもつ大きな特徴です。

ここで治療期間と値段が決定するため、患者様にご了承いただいたら治療計画が決定します。歯型を採ったマウスピースを発注し、いよいよインビザラインによる矯正治療が始まります。マウスピースが届いたら、先生の指導の下で一日最低20時間以上はマウスピースを装着してください。装着後痛みが出ることがありますが、これは歯が動く痛みです。インビザラインはマウスピースを交換しながら歯を動かすため。新しいマウスピースを装着するたびに痛みが出ますが、痛み止めを飲んで対処するようにして下さい。

なおマウスピースが届くまでに虫歯治療や歯周病治療などが必要な場合は、先に済ませておきます。

 

治療計画は患者様によって異なり、治療期間も値段も違います。疑問点や不安な点はそのままにせず先生に尋ねてください。

なお患者様によっては抜歯が必要なケースもあります。先生によっては抜歯を伴う場合はワイヤー矯正でないと難しいと言われるかもしれません。

と言うのも、これまでのインビザラインでは抜歯を伴う矯正治療が難しいと言われてきたためです。しかし今はマウスピースの素材やアタッチメントの形状が進化したため、抜歯を伴った歯列矯正が可能になったため治療の幅が広がりました。

 

しかし歯医者によっては抜歯を伴う場合はワイヤー矯正を勧められる場合があります。抜歯を伴ってもインビザラインでの治療は行えますが、先に述べた通り、最終的にワイヤー矯正の方が適している場合もあります。抜歯を伴ったインビザラインは無理と言われた場合、インビザラインの実績や症例が豊富な他の歯医者のカウンセリングを受けてみてもよいかもしれません。インビザライン専門の先生である認定医が在籍するクリニックなら症例も実績も豊富なため、認定医が在籍している歯医者で相談するとよいでしょう。

 

■インビザラインの治療期間

ではインビザラインの治療期間はどれくらい必要なのでしょうか。治療期間は歯並びの様子や不正咬合の度合い、抜歯やアタッチメントの有無で異なるため、症例に応じておおよその期間をご紹介いたします。

 

・歯並びの乱れ(軽度・インビザライン・ライト/ 約6か月~)

前歯が少し歪んでいる場合や、歯並びの乱れが少ない方などは、インビザライン・ライトという軽症向けのプランで適応する場合があります。早ければ6か月程度で改善が可能です。

 

・出っ歯(約1年~)

前歯が前方へ飛び出している出っ歯でお悩みの方は非常に多いと思います。歯並びはそれほど問題がないのに前歯だけが出ている場合と、歯並び全体がガタガタしているうえ、一本だけ前歯が出ているケースなど様々です。スペース不足の場合、抜歯を伴う場合がありますが、抜歯を伴わないケースと比べると治療期間が異なります。

 

・受け口(約1年6か月~)

インビザラインで受け口の治療は難しいと思われがちですが、実は対応可能です。治療期間はやや長めになると想定されます。

 

・オープンバイト(約1年6か月~)

奥歯で噛んだ時に前歯の間に隙間ができるオープンバイトは、そのままにしておくと様々な悪影響が出てきます。オープンバイトは不正咬合の中でも治療が難しいと言われていますが、インビザラインでの治療は十分可能です。正しい噛み合わせを導くためにも、インビザラインでの経験や症例豊富な先生や認定医のもとで治療を受けるようにして下さい。

 

上に挙げた治療期間はあくまでも目安です。インビザラインの認定医が各症例に応じて治療計画を立案し、治療期間を決定します。

 

■治療終了後も定期的なアフターサポート

インビザラインによる治療が終了した後に大切なことは、後戻りしていないかどうかです。

矯正治療終了後は、リテーナーと呼ばれる装置を装着していただき、歯の後戻りを防ぐ処置を行います。

歯医者によっては治療終了後そのままというところもあるようで、せっかく歯並びがきれいになっても後戻りしてしまっては元も子もありません。定期的に来院していただき、歯並びに問題はないかどうか、後戻りしていないかなどをチェックするアフターサポート体制が充実している歯医者を選びましょう。

 

インビザラインによる矯正治療をお考えの方は、まず歯医者選びが何よりも大切です。カウンセリングや説明、値段設定がしっかりしており、患者様に適した矯正治療を提案する歯医者をまず選んでください。その際、インビザライン認定医が在籍しているかどうかもチェックしましょう。

そしてアフターサポートが充実していることも大切です。歯並びのお悩みを改善し、理想の口元を手に入れるためにも歯医者選びは慎重に行ってください。

  • 根管治療 歯内療法の専門医が常駐|大阪根管治療センター
  • 芦屋 矯正歯科で評判多数|芦屋MA歯科・矯正歯科

大阪「心斎橋駅」より徒歩1分
大阪「四ツ橋駅」より徒歩3分
アクセス便利な矯正歯科医院

地下鉄各線のご利用がご便利です

大阪 心斎橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」より徒歩1分
クリスタ長堀 北11番出口すぐ
大阪 四ツ橋駅よりお越しの方
大阪市営地下鉄 四つ橋線「四ツ橋駅」 1-A出口より徒歩3分 or
クリスタ長堀 北11番出口すぐ

pagetop